受験戦争を勝ち抜く方法

高校、大学受験と経験した私がそれを通じて受験戦争を生き抜く方法をいくつか見つけました。
結論をいうと高校受験は成功しましたが大学受験で失敗してしまいました。
高校と大学の受験では受験者数をはじめ難易度も大きくことなります。
しかし、受験であることに変わりはありません。
周りにはたくさんのライバルがいます。

みんな目的はひとつ、合格すること。
それを勝ち取るために必要なこと、勉強をたくさんするなどといったことは言うまでもないのでそれ以外についてお話します。
自分は志望大学がいくつかありましたが、どこも自分のレベルに照らし合わせると難関でした。
そして高校生活のほとんどを部活に捧げていたため、引退後も思う結果を残せずにいました。
そんななか周りは力を上げていき、突き放されていくのが感じられました。
しかし、結果的に後期受験で第一志望ではありませんでしたが希望の大学にぎりぎりで合格できました。
なぜ後期試験の難関を潜り抜け合格を勝ち取ることができたのか、それはあきらめなかったからです。
つまり受験戦争で勝ち抜くには、どんなに追い込まれても動じないメンタルの強さが必要不可欠なのです。
勉強をたくさんして成績が良く、模試などを考慮しても合格間違いないという子が本番で緊張して失敗してしまうといったこともあります。
勉強量は前提、ただメンタル面で強くならなくでは周りのライバルに負けてしまいます。
それゆえ受験戦争という名の戦争なのです。